CSR・社会・環境

CSR基本姿勢

●広い視野でものごとを考える

●既成概念にとらわれずものごとの本質を見極める。

●ひとつの事象それだけでなく全体に与える影響に考えを巡らせる。

●異文化や個人差を尊重し、お互いに理解を深めることでより良い世の中を目指す。

●定型文ではなく自分のこころからのことばでお客さまや取引先とお付き合いをする。

 

こどもや家族のこと、家の中をきれいに整えることに気を配って毎日を過ごしていると、どうしても身のまわりのことしか見えなくなってしまいがちですが、主婦であってもできること、女性目線だから気付くこともあると思います。

リビングにきれいな花を飾るのは気持ちがいいことだけど、それだけではなく、
その花は誰が作って、どこから来たのか、そのひとたちはどんな暮らしをしているのか。

自分がなにかを買うというとき、それが世の中にどう影響するのかを、ちょっと想像してみる。

エシカル(ethical)とは、倫理にかなった、道徳的に正しい、という意味の形容詞ですが、最近では、社会や環境に対して配慮ある選択をする活動・価値観・マインドをあらわす言葉となっています。

エコ(ecological)からさらに進んで、環境はもちろん、人権や社会の公正さにも配慮し、平和な未来へつながるものを買いたい、そのために自分のお金を使いたいと、多くの人が感じはじめているのだと思います。

 

社会活動

◆アフリカ最貧国マラウイでのコミュニティビジネス開発に取り組んでいます
http://africaflower.wixsite.com/daichinohana
 

◆廃棄品について考える

廃棄品について考える*造花を寄付


 

教育

◆養護学校に造花を寄付する活動をしています

養護学校に造花を寄付


 

◆横浜市内の保育園で花育に取り組んでいます

花育*こどもフラワー


 

環境

◆廃棄しない花、サステナブルフラワーを提案します

サステナビリティに配慮した、廃棄しない花


 

◆かながわ県産ヒノキ間伐材を使ったフラワーアレンジ『森のケーキ』

森を感じる、愛でる、守る!『森のケーキ』


 

◆荒れた里山と耕作放棄地の整備活用 計画

よこはま森のアトリエ 計画