贈られる側の声から生まれた*祝い花おまとめサービス

◆いただいた花がぜんぶ1週間で枯れてしまうのはもったいない

お店や事業を始められた方からよくお聞きすることです。

「オープン当日は華やかになっていいけれど、1週間後にはすべてゴミになってしまってもったいない」
「胡蝶蘭や観葉植物をいただいても管理できないし、廃棄にも手間とお金がかかる」

「もらう立場だとそう思うけれど、慣習だから、やっぱりこれまでどおりに贈っている」
という方が多いのではないでしょうか。


それなら、せめて枯れない花を贈りたいと、当店のアーティフィシャルフラワー(造花)を祝い花としてお使いくださる企業様も少しづつ増えてきました。

「他社さんの花が枯れた後も、ウチが贈った花はずっと受付に飾られていた」
「インテリアとして長く使えるので、贈り先で喜ばれた」
とご好評をいただいております。

 

◆でもアーティフィシャルフラワーは、同じ金額だと生花より小さい


技術の向上により、造花は大きく進歩しました。
生花と見紛う美しさに、店頭で香りをかごうとするお客さまもいるほどです。

でも、1本の価格が生花の数倍もする造花は、同じ金額の場合、ずらりと並んだ他社さんの生花より小ぶりになってしまうことも。

デザインも、スタンド花のように扇型に広げず、受付カウンターなどに長く飾って頂けるおしゃれでじゃまにならないものにしています。

流行に敏感な女性スタッフさんなどには好評なのですが、ときには「とにかく派手で大きくしてね」と言われることも。

同じ価格でボリュームを上げるには安い花材を使うか、大きく見せるためのデザインをするか。
せっかく長く飾れる花なのに、おしゃれかどうかが二の次になってしまうのは残念なことです。

 

◆お客さまの声から生まれたサービス。みんなの悩みをぜんぶ解決!

そこでできたのが、この『祝い花おまとめサービス』です。

複数のお相手からのご祝儀をひとつにまとめて、施主さんご希望の大きな装飾に使わせていただくものです。

A社
B社  →  店内装花
C社


じつはこのシステムを最初に考えてくれたのは、Bless hair & spa 代表の栗さん。
ご自身もカリスマ美容師で、横浜市や藤沢市に5店舗をお持ちの経営者です。

新店のオープンにあたって、取引先からたくさん届く花がすぐに枯れてしまうのはもったいないとご相談いただいたのです。

そこでお取引先様にご協力をいただき、店内装飾の多くをまかなうことができました。

 

贈られる側 & 贈る側、どちらもハッピー

<贈られる側>

■開業の際、なかなか装飾までは予算がまわらない
■1週間で枯れてしまうものより、あとに残るものが欲しい
■最初の1週間は花があるが、そのあとが寂しい
■植物の世話ができずに枯らしてしまう
■枯れたあとの廃棄が大変
■いろいろな花が届くと店内のイメージが統一されない
■事前に打ち合わせできるので、ほんとうに欲しいものが貰える

 

<贈る側>

■なにを選ぶかでセンスが問われる気がする
■他社と比べられる
■ほんとうに喜んでもらえるものを贈りたい
■あとで営業に行ったときに、贈ったものが飾ってあると嬉しい

 


 

◆ご注文の流れ

①施主さまより、お取引先におまとめサービスのご案内
②お取引先が当社にお祝い花のご発注
③当社よりお取引先に請求書類を発行
④施主さまとご希望の装花をご相談
⑤設置(ご協力先のお名前を掲示させて頂きます)

 


 

◆でも、なんだか催促するみたいで自分からは言いにくい

そんな施主さまのために、おまとめサービスのシステムご案内のチラシをご用意しております。

当日まったく生花がないのもさみしいですから、言いにくい方はそのままで、出入りの業者さんやお付き合いの長い方には
「もし花をくれるつもりなら、ここに頼んで」と開業のお知らせと一緒にチラシをお渡しください。

あとは装飾の打ち合わせに入ります。
受付カウンターに置くアレンジメントと、ぐっと雰囲気が出る大型グリーンフレームが人気です。

どうぞ開業予定のお知り合いにもおすすめください!

 

お問い合わせ

お問い合わせ、お見積り(無料)は、下記からお気軽にご連絡ください。
2営業日以内に返信いたします。

入力いただいた個人情報は、法令・規範に則り適切に管理いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名▼(選択してください)

メッセージ本文