わたしはなぜ、お金と労力をかけてこんなことをやるのか?

7月1日のフルールドリス3周年記念企画として、花の意識調査と無料モニターを募集をしています。

花に関する意識調査および無料モニター募集のお知らせ
 

でも、商品をタダであげてしまってはビジネスとしては成り立ちません。
大企業がサンプルを配るのはよくあることですが、小さな個人事業主であるわたしにとって、これは大きな出費です。

そりゃ広告のためでしょう、と思われたでしょうか?

もちろん、これをきっかけに多くの方に当店を知ってもらいたいという気持ちはありますが、それよりもこの実験をしてみたかったのです。

どうせお金をかけてPRするなら、多くの同業者がやっているように、おしゃれなファッション誌やフラワー雑誌に広告を出したり、作品を掲載してもらったりする方法もあるわけです。じっさい、有名雑誌に広告を載せませんかという広告代理店からの営業はとても多いです。

それを否定する訳ではありませんが、わたしはそうではないやり方を選びました。

花や植物の癒し効果ってどんなものなのか、
ひとはどんなときにどんなものを見ると気持ちが良くて、なにを美しいと思うのか、
みんな日々どんなことを考えて暮らしているのか、など、
知りたいことはたくさんあるけれど、
まずは始めの一歩として、この調査への協力をお願いしているというワケです。

googleフォームでアンケートの集計もできる

アンケート調査には、マーケティング手法として、顧客ニーズの洗い出しなどの目的があると言われていましたが、もはやマーケットにはブルーオーシャンすら存在しないと言われる時代。

だれも自分が欲しいものなんてわからないし、これが正解という手法もない。
だったら、わたしがみなさんに聞きたいことを聞こう!というコンセプトではじめてみたら、やっぱりこれが意外と大変でした。

技術的にはフォームは簡単に作れます。
今回のアンケートはgoogleドライブの中のgoogleフォームという機能を使っています。

さくさくっと体裁を整えればすぐ使えます。
どれかひとつの選択肢を選んで欲しいときはラジオボタン、複数回答がOKならチェックボックス、必須の質問とスルーしてもいい質問、回答に応じて次の設問を変える、なんていうのも簡単に操作できます。

手間がかかると思っていた集計も、はじめにスプレッドシートを作っておけば、回答が送られてくると同時にエクセルシートにデータが入力され、勝手に円グラフや棒グラフができちゃってます。しかも無料!

それよりも肝心なのは設問設計。
なにごとも目的・ゴール・目標を決めずになんとなくやってもダメですね。
この3つの違い、言えますか?

 
あわよくば、みなさんがこの白バラを好きになって、つぎからはお店の花もばんばん買ってもらいたいと思っていますが、今回の目的はデータの収集ですから、「花をもらったから」と遠慮しないで、率直に感想を書いてくださいね。

”あなたと花の関係”
どんなカンケイなのか、楽しみです。
 


オタクな花屋としては、これからもいろいろやってみたいことがあります。

気分は、夏休みの自由研究。

アサガオを押し花にしたり、ツユクサの花で絵を描いたり、カーネーションに色水を吸わせて花の色が変わるとか。

わくわくしながらやった方も多いはず!?

そんな気持ちを思い出して、”大人の自由研究” をやっていきたいと思っています。

お花*LAB、参加者募集中!!
やってみたい企画もお待ちしてます。

◆メールでご連絡いただくか、フルールドリスFBページにいいね!をいただくと、お知らせできるかと思います。

https://www.facebook.com/fleurdelys.motomachi/

これまでのひとり研究
お花*LAB・自由研究