フラワー・花のある暮らし

アーティフィシャルグリーン☆多肉はじめました

インテリア小物として人気の多肉植物、アーティフィシャルでもはじめました。

アーティフィシャルグリーンだから、
・ずぅっと枯れない
・お手入れ不要
・カビなどの心配もなく衛生的

水やりこそ毎日でなくていいとはいえ、日当たりや温度管理などが難しく、成長とともに形もくずれてしまったり、根腐れやカビの心配などもある多肉植物を忙しい方にもインテリアとして気軽に楽しんでいただけます。

succulent3 succulent6 succulent2
succulent1 succulent4 succulent5

 

容器によって、ずいぶん雰囲気がかわりますね。色や形の違うものを組み合わせると立体感がでます。 フレームタイプはそのまま立てたり、寝かせたり、壁に掛けたり。男性へのギフトにも。

お手入れいらずのかわいいヤツ。お好みの多肉たちをお選びください。

年末にNHKで一挙放送していた「植物男子ベランダー」というドラマ(いとうせいこう作、ベランダでの園芸にハマる中年バツイチ男性の話)の中の挿入ミニドラマ「多肉愛の劇場」を見てから、つい多肉を擬人化してしまいます。セダムのオーロラちゃんがヒロイン。

多肉たちの恋の三角関係あり、記憶喪失あり、親友との別れありのシュールなドラマでしたが、この春、続編ができるらしいです。

そういえば、鎌倉雪ノ下の自家製ソーセージ店の奥さんもソーセージのことを「この子たち」と呼んでいました。

なんでも思い入れがあるとそうなってしまうんですね。

 

<関連記事>
食べられる多肉植物 * グラパラリーフ