CSR・SDGs・社会アートのある暮らし趣味・教養

外務省よりTICAD7パートナー事業に認定されました

フルールドリス 高橋が会長をつとめる日本アフリカ現代美術協会(JACAA)が企画するアフリカアート展が、外務省よりTICAD7(第7回アフリカ開発会議)のパートナー事業に認定されました。

アフリカアートと聞いて、多くの方が木彫りの仮面やゾウやキリンのいる風景画などを思い浮かべるのではないかと思います。
でも情熱と才能がありながら、なかなか世に出ることができない、クールな作品をつくるアーティストがアフリカにはたくさんいるんです。

荒削りでありながらモダンな空間にも合うプリミティブモダンな作品を日本で紹介していく企画です。
経済的には恵まれている日本でも、仕事や人間関係のストレス、ハイテクで管理された日常に息苦しさを感じることもあるでしょう。
アフリカアートがそんな日本の日々の刺激になれば、それはアフリカと日本どちらにとってもハッピーなことだと思うからです。

これまでやってきた花やグリーンによる空間装飾とつながるところもとても多いです。

わたしとアフリカとの出会いは、前職で国立大学教授の秘書をしていた8年前、マラウイ人留学生と出会ったことです。
アフリカ最貧国といわれる小国があることをそのときはじめて知りました。

 

詳しくは
https://africaflower.wixsite.com/daichinohana

 

 


日々の小さなしあわせ・猫・アート・花と仕事のある暮らし
Instagram @fleurdelys888